今回は『グーデン カロルス・クラシック』をご紹介。

このビールはベルギーで造られてるんだけど、その歴史は遡ること1369年から!

調べてみると、1471年には病院の記録に残ってて、安全な飲み物としてこのビールも使用されてたらしい。

※当時は水を介して伝染病が広がってた。

造るのにも時間がかかってて、ボトルに詰めて二次発酵に10日間。

その後温度を変えて3か月間発酵させることでアルコール度数を高めていく製法。

アルコール度数は8.5%。内容量は330ml。

お値段は570円と何ともアレな感じ。

ぬま

まあ手間ひまかかるとコストも上がるからな。仕方なしやで。

ってことでグラスへ注いでいく。

ちょい赤みがかったダークブラウンな見た目だけど、グラスの向こう側はハッキリ見えるほど濁りが少ない。

軽やかそうな泡がシュワシュワ立つんだけど、意外にも長持ち。グラスにへばりついて持続する。

そんでもって香りを確認。

ぬま

ほんのり干しブドウの香りが……。あ!プラムも感じるぞ!

しっかり熟成されたビール特有の干しブドウっぽい香り。

そこまで主張は激しくないんだけど、優しく刺激してくる感じがGOOD!

後からプラムとか焦がしキャラメルみたいな香りも感じられる。

酸味とフルーティーな甘みが鼻でしっかりキャッチできる何とも不思議な造り。

よし。これは絶対に旨い。確信をもって飲んでみると…

ぬま

熟成感たっぷりの酸味…。そして後からキャラメルっぽい甘みが…。

飲んでみると、香ってた以上に刺激ある酸味&甘みが口全体に広がっていく。

熟成された干しブドウ。そしてキャラメルを焦がしたような甘み。

それがジワ~っと広がっていくのよ。

更には前述のプラム?みたいなフルーティーさも感じられる。

そして最後は、余韻として残ってた干しブドウっぽい酸味がスーーッと消えていってフィニッシュ。

これだけ色んな味わいが絶妙なバランスで味わえるのが凄い。

是非とも一口ずつ、じっくり時間をかけて飲んでほしい。

そんでもって、この香り・味の変化を堪能してほしい。

そう思える一杯。それがグーデン カロルス・クラシック