今回は『エルディンカー デュンケル』をご紹介。

エルディンカー社は1886年にドイツで創業した歴史あるブルワリー。

そして世界最大の小麦ビール専業メーカーなんだとか。

ぬま

小麦ビール専業とかそんな会社あるんだな。初めて知ったわ

しかも世界中にファンクラブも設置されてて約8万人が所属してるとか。

こりゃー絶対旨いに決まってる(確信)

小麦麦芽っぽいデザインもちゃんとある。さすが小麦専業メーカー。ぬかりなし。

ラベルにも栓にもこのデザインが刻印されてる。

じっくり見てると、確かにドイツの伝統あるブルワリーの風格漂うデザイン。

楽しみ&ウキウキを引っさげてグラスへ注いでいくと…

 

完全な黒じゃない。こげ茶っぽい色合い。

そしてきめ細かいクリーミーな泡がモコモコと立ってるのが何とも「美味しそうなデュンケル感」を演出してくれてる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

チョコレートっぽい香りがするし……あ!なんかピリッとした酸味も感じるぞ!

ビックリした。チョコレートの香りはわかる。

ただ、その後ほんのりとピリっ!とした酸味っぽい香りも感じることができた。

デュンケルで酸味を感じるなんて…。こりゃービックリな展開。

もうコレは味の予測が不可能。とりあえず飲んで確認すると…

ぬま

まろやかな甘みと黒ビールらしいコクが絶妙……

まず驚いたのがまろやかな甘み。口のなかで甘みがまとわりつく感じが素晴らしい。

けど、ちゃんとに黒ビール特有のコクもある。

更にはクリーミーな泡も相まって全部が絶妙なバランス。

見た目から黒ビール特有の強いコクがあるかな?なんて思ったけど、優しい味わいで黒ビール初心者にはピッタリな一杯。

濃密な泡と一緒に飲むことで絶妙な味わいが楽しめる。是非ともグラスに注いで飲んでみてほしい。

ってことでレビューは以上!

「黒ビールって苦いから苦手…」なんてユーザーは是非ともエルディンカーデュンケルで華やかなデビューを飾ってくれ!