今回は『常陸野ネストビール -だいだいエール-』をご紹介。
 
 
あの常陸野ネストから、ちょいと珍しいビールをご紹介。
 
スタイルはフルーティーな香りと苦みが特長のIPA。
 
けど、原料に茨城県産の福来(ふくれ)みかんを使っているんだとか。
ぬま

ビールにみかんって新しい組み合わせだな

しかも、それをIPAと合わせたって言うもんだから凄い。

茨城県産の「福来みかん」とオレンジ風味のアロマホップで醸造しました。麦の旨みと果実のフルーティーな香りとのバランスを楽しめます。

とのこと。
 
 
ネストビールは無濾過で加熱処理されていない。なので冷蔵保管がマスト。
 
アルコール度数は6%。
 
330mlでお値段380円(税込)。
 
ってことでグラスへ注いでいく。

綺麗な琥珀色で秋の訪れを感じさせるような深い色合い。

濁りも若干あり。グラスの向こう側がボヤけるほど。

泡は濃密&濃厚。グラスにしっかりと厚みを持たせたまま持続しててGOOD!

そんでもって香りを確認。

ぬま

すっごい軽やかでフルーティーな香りがするぞ!

見た目とは裏腹にメッチャ軽やかでフルーティーな香りが鼻を刺激してくれる。

原料となっている福来れみかんの爽やかな香りがGOOD!

でも爽やか一辺倒でなく、アメリカンIPAらしい濃厚で豊かなコクも感じられる。

この豊かなコクが「メッチャ濃厚そうな味なんだろうな…」と連想させてくれる。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉぉ!意外にも甘いぞ!甘いIPAだぞ!凄い!(語彙力)

凄まじい語彙力で申し訳ござらん。

飲んでみると、想像以上に果実の甘みがしっかり出ている。

IPAっていうと苦みがガン!ってイメージだっただけに180℃違う味わいに驚き。

口に含めた途端広がる福来れみかん&麦芽の甘み。これが濃厚で素晴らしいこと。

思わず口のなかでじっくり堪能したくなるほど。

更には、後からIPAらしいフルーティーな苦みはフワ~っと鼻を抜けていくから爽快感UP。

ぬま

飲み進めていくと苦みがボディブローのように効いてくるからIPAファンの期待は裏切らない造りやで

一見、控えめにみえた苦みも飲み進めるごとに主張を増してくる。

甘み&苦みのバランス変化も『だいだいエール』の魅力の1つ。

是非じっくりと、そして甘みと苦みのバランスを堪能してほしい。