今回は『ブルーケトル』をご紹介。

当ブログでは珍しいフィリピン産のビール。それが『ブルーケトル』。

ぬま

フィリピンにクラフトビールってあるんだな←失礼

東南アジアっていうとクラフトビールのイメージがないだけに、へぇーこんなのあるんだ…くらいの感想だったけど、調べてみると割と評価が良さげ。

更に調べると、ベルジャンホワイトっていうタイプで、オレンジの香りが楽しめるんだとか。

栓もラベルも可愛らしいデザインで女性受けも良さそう。

アルコール度数は5.3%。

330mlでお値段229円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

クリーム色のような、ビールとは思えないビジュアル。

しっかりと濁りもあって、グラスの向こう側は全く見えないほど。

泡は目がメッチャ粗くて、注いだそばからシュワシュワと音を立てながら消えていく。

ご覧の通り、注ぐ→すぐ撮影でも泡がほとんど残っていない。

そんでもって香りを確認。

ぬま

オレンジみたいな香り……かな?

微かに香るオレンジのような柑橘系の香り。

ほんのりと優しく鼻を刺激してくれる。

後から香辛料っぽいピリッと感もある。

そのまま飲んでみると…

ぬま

まろやか→オレンジの香り→ピリッって順番やな

口のなかでまとわり付くまろやかな飲み口。

その後にはオレンジの爽やかな香りが鼻を抜けていく。

そして最後にホワイトビールらしい、香辛料のピリッとした刺激。

まろやかで優しい飲み口なんだけど、辛味がアクセントになって飲み飽きない。

苦みも控えめだから、ビール初心者にもオススメしやすい一杯。