今回は『ヴェルテンブルガー・ピルス』をご紹介。

ドイツの「ヴェルテンブルク修道院」で造られているビール。

この修道院は7世紀から存在するバイエルン地方最古の修道院。

ぬま

ベルギー以外の修道院ビールってレアなんだよな

厳選されたハラタウ地方のホップを多く使い、引き締まった苦みを持つ淡色下面発酵ビールです。ホップ由来の華やかな香りと、軽快で飲み飽きない味わいが特徴です。

ヴェルテンブルクは1050年にビール醸造を始めた、世界一古い修道院醸造所です。本来の味をそのままお届けするためにリーファーコンテナを使用し、定温輸送で輸入しています。

とのこと。

ヴェルテンブルク修道院のマークでもある赤十字。シンプルだけどイカしたデザイン。

アルコール度数は4,5%。

500mlでお値段486円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

綺麗に透き通った液体。クリアな黄金色。

泡は目が粗いものの濃密で持続もGOOD!数分はグラスで厚みを持たせている。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!クリーミーで少し柑橘系?の香りもあるぞ!

クリーミーさを含んだ柑橘のような華やかな香り。

そして、奥から引き締まった苦みがシュッと鼻を刺激してくる。

そこまで刺激は強くないものの、今までのピルスナーには無い新しい&珍しい香り。

そのまま飲んでみると…

ぬま

まろやかな口当たり。そしてシュッとくる苦みが良い感じ!

飲み口&口当たりはまろやか。

その優しいコンタクトから、次にやってくるのがキレのある引き締まった苦み。

ぬま

このギャップが良いな。まろやか→シュッ!みたいな

しつこさが無いから思った以上にゴクゴクと飲み進められるし、軽快で飲み飽きない。

500mlをあっという間に、そして飽きることなく飲み干せられた。

シンプルながらギャップも楽しめる一杯。