今回はイギリスを代表するエールビール。

その名も『バス・ペールエール』をご紹介。

イギリスと言えば上面発酵のエールがすんごいメジャーなんだけど、そのなかでも昔からの伝統製法で造られるバス・ペールエール。

現地のパブに行くと必ず置いてあるほど、イギリスじゃあ有名な銘柄。

スーパーでも割と見かける一杯。値段も200円ちょいと良心的。

俺氏も初めて飲んだ時…

ぬま

えぇ!この味わいで200円!!コスパ良くね!?

なんて思ったけど、あの時の感動を思い出しながら、いざ改めてレビュー。

 

濁りが少しあって琥珀色っぽい見た目。

いかにもエール系ビールって感じで海外のビールっぽさがプンプンする。

そして泡がきめ細やか。

グラスの側面にへばりつくほどの濃厚さで、これもいかにも「海外の美味しいビール」っぽさをプンプンさせてくれる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

はぁーーー上品。なんとも上品なお・か・お・り!

ちょっと甘さを含んだホップの香りが優し~く鼻を刺激してくれる。

派手さは無いんだけど、じっくりと堪能したくなるようなホップの香り。

香りを堪能しながら、いざ口へ含めてみると…

ぬま

おぉ!意外とあっさりしてて飲みやすいぞ!

思っていた以上にアッサリ飲みやすい。でも甘みもしっかり味わえて美味しい。

後味で苦みがジワ~っと優しく広がるのもまたGOOD。

変なクセもなく、あっさりスッキリ飲める。

麦芽の甘みとホップの苦みをちゃんと味わえる。そして芳醇な香りも楽しめる。

味・香りともに完成度が高い一品にも関わらず200円ちょい、というお値段。

コスパはかなり良好だと思う。スーパーだと割と見かけるから未体験の人は是非とも購入してほしい。