さあさあ遂に始まりました2019年。

元日の記念すべき日に紹介するのは『アンカー・フォグブレイカーIPA』。

今年の滑り出しを大好きなIPAで飾れるとは。幸先が良いでございます。

あのアンカー・スチームで一躍有名になったアンカー社から、数種類のホップが楽しめるIPAをレビュー。

1896年米国サンフランシスコにて創業。1960年代に大量生産ビールとは異なる「手造り」のビールを製品化した事により一大ブームを巻き起こしました。「AMERICA‘S FIRST CRAFT BREWERY」として有名です。

〈アンカーフォグブレイカーIPA〉
アンカーブリューイングのある、Potrero Hillは、霧に包まれたサンフランシスコでも最も晴れ間が多い場所です。
そんな地域から連想して造られた、フォグブレイカーIPAは、クリアな黄金色で、フレッシュなパインやジューシーなトロピカルフルーツを思わせる数種のホップを使用した、軽やかな味わいです。

ラベルの裏に書いてある「トロピカルフルーツを思わせる数種のホップを使用」って文字だけで大興奮。

IPAファンとしてはメッチャ期待が高まる字面に、早く飲みたい衝動が……。

アルコール度数は7%。

355mlでお値段420円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

オレンジ色っぽいビジュアルで濁りもほんのりとある。

泡は目が粗め。だけども濃度が高いのか持続はしっかりアリ、数分は残っている。

IPAが大好きな俺はわかる。このオレンジ色に輝くIPAにハズレはないことを。

この『フォグブレイカー』も超絶に美味しいに決まっていることを。

よし、まずは香りを堪能してみることにしよう。

ぬま

くぁーーー!!めっちゃ良い香り!!!

これです。IPAはこうでなくっちゃ。

鼻を少し近づけただけでブワッと漂ってくるパッションフルーツのような弾ける香り。

脳天をスコーーン!!と突き抜けるような爽快かつ暴力的なまでの刺激。

ホップ中毒である俺が「素晴らしい!」と表現せざるを得ないクオリティ。

もうこの時点で半分くらいは満足してるんだけど、ここまで来たからには味わいも楽しまなければ。

ってことでそのまま飲んでみる(ウキウキ)

ぬま

ん?あれ?……お、おぉぉーーー!!!

30歳も目前のいい年したおっさんがビールを飲んで「おぉぉーー!!!」と言ってしまうほどの味わい。

何が凄いって、尻上がりに増していくホップの暴力的なまでの刺激。

爽快で刺激的な香りだっただけに出合い頭からバチコーーン!くるのかと思ったけど、最初の挨拶はいたって平穏。穏便オブ穏便。

IPAファンの俺としては物足りない感があったんだけど、そこから突如として襲い掛かってきた暴力的なまでの刺激。

ゴォォォオオ!!と唸り声を上げるかのように大好きな「ヤツ」がやってきたのだ。

ぬま

これよコレ!やっぱりIPAはこうでなくっちゃ!

ビール初心者には到底理解できないかも知れんが、俺みたいなホップ中毒者はこの刺激が僥倖なのだ。

甘さは控えめでパッションフルーツの弾けるような香りがバシバシと俺の脳天を攻撃してくる。

そして何が素晴らしいって、この苦み&刺激は飲み進めていく毎に威力を増していくんだよ。

いやぁ、久しぶりに「THE・IPA」って感じの一杯を頂けた。