今回は『赤坂ビール -ピルゼン-』をご紹介。

ホッピービバレッジから販売されている下面発酵のラガータイプのビール。

名前の通り、本社は赤坂(2丁目)にあるんだけど、創設当初の1905年はサイダーの製造販売会社だったんだとか。

ホッピービバレッジの第1の故郷でもある赤坂へのリスペクトを込めて名付けられた「赤坂ビール」。

今まで当ブログでも…

(リンク)赤坂ビール -ルビンロート-を紹介してるんだけど、少し変わったビールを出している印象の赤坂ビール。

今回は本場ドイツさながらの仕上がりってことで、一体どんな味わいになっているのか。

アルコール度数は6%。

330mlでお値段278円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

まるで秋ビールのような琥珀色のビジュアル。

ピルゼン(ピルスナー)とは思えないほど濃厚な色合い。

泡は目が粗くて、グラスに注ぐとシュワシュワと音を立てながら消えていく。まるでサイダーのよう。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!爽やか&甘い&フルーティーだぞ!

濃厚そうな見た目とは裏腹に、鼻を近づけるとフルーティーで爽やかな香りが一気に広がっていく。

更には麦芽なのか、芳ばしく漂う甘みも感じられる。

濃厚そうなビジュアル。けど爽やかな香り。これは味の予想が全くできなくなった。

ってなわけで飲んでみるしかない!

ぬま

甘みがメッチャ濃厚…。メッチャ……濃厚←語彙力

とにかく濃厚!素晴らしく濃厚。思わず口のなかで転がしながら堪能したくなるほど。

キャラメルのような甘みをギュッと濃縮させたような味わい。

それが口の中いっぱいに広がっていくのがハッキリとわかる。

ただ、それだけじゃなくて、フルーティーな香りが鼻から抜けていく感覚もある。

ぬま

濃厚な甘みを口全体で堪能。そんで華やかな香りが抜けていく余韻も堪能。素晴らしいな。

フルーティーな香りまで楽しみ、余韻をじっくりと嗜める。そうして、また次の一口……。

300円弱で味わえるとは驚きのクオリティ。苦みも控えめだし、色んな人が手を伸ばせる一杯。