今回は『善光寺浪漫ビール -くろゆり-』をご紹介。

昨日に続き長野県の善光寺にちなんだビールが登場。

造っているのは「麗人酒造株式会社」という清酒をメインで取り扱っているところ。

【公式HP】麗人酒造株式会社

今回の『くろゆり』は長野県を代表する高山植物である「くろゆり」から名付けたんだとか。

これがそのクロユリ。

ラベルを見てのとおり黒ビールなんだけど、甘くさせすぎず、かつスタウトの香りにこだわって造ったそうで、黒ビールが苦手な人でも楽しめる一杯になってる模様。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段333円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

スポンサーリンク

見てくださいよ。真っ黒でしょ?

いやぁ・・毎度だけどこの真っ黒なビジュアルを見ると興奮するよね。

底のほうが若干ブラウンっぽくなってるのもGOOD!肝臓が早くしろとウルサイ。

泡は目が細やかで軽やか。

けど、グラスの側面にへばりつくような粘土もあり、このビジュアルがまた素晴らしい。

善光寺浪漫ビール。初めまして。そしてよろしくお願いします。

そのまま香りを確かめてみると・・・

ぬま

あぁ・・・ローストされた麦芽の香ばしさよ・・・

これよ。これぞスタウトよ。

ローストされた麦芽の少し苦み・渋みを含んだ香り。

20歳のころは全くわからなかったんだけどな。10年経ってこのすばらしさが身に染みてわかるよ。

苦くて渋くて。でも少し甘さも含んでる。このバランスが絶妙だ。

これは期待できるな。早速飲んでみると・・

ぬま

アッサリと思いきや、後から渋~い味がひろがってくるな

いやぁ・・・旨かった。やはり美味かったぞ。

口に含めると、思いのほかアッサリとしたファーストコンタクト。

おぉ!?ギャップ攻めか?なんて思ったけど、そんなことは無かった。

スタウト特有のコーヒーのような渋い香り・味わいがフワ~っと広がってきた。

コレよ!コレなんだよ!

尻上がりに強まるロースト麦芽の苦み・渋み。最初がアッサリなだけにギャップが凄い。

善光寺浪漫ビール。ダークホースというか、こんなところに名ビールが眠っていたとは。