今回は『ヱビス プレミアムエール』をご紹介。

ヱビスから上質なエールビールが通年販売!よっしゃあ!

Twitterで発売を知った時、楽しみで仕方なかった一杯を遂に紹介できる時が。

ビールの本場ヨーロッパでできた麦芽と、柑橘の香りが広がるホップ。

この組み合わせがどのような色を奏でてくれるのか。

プレモルにもザ・プレミアムモルツ -香るエール-があるけど、それとはどんな違いなんだろうな。

アルコール度数は5.5%。

350mlでお値段246円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

普通のヱビスよりもだいぶ濃厚。琥珀色?に近いビジュアル。

ただ、グラスの向こう側がハッキリ見えるほどに透き通ってはいる。

泡は濃密。高い所から注いだこともあるけどギッシリと詰まってて濃厚さが伺える。

そんでもって香りを確認。

ぬま

濃厚……。濃厚やん………。

一言でいうなら「凄い」ってやつですね(語彙力)。

ふんわり丸みを帯びたような豊かな香り。実はグラスに注いでる時から薫ってはいたんだけど、改めてグラスを近づけてみると凄いこと。

ただ、豊かな香りのなかにも柑橘のような爽やか&軽やかさも伺える。

これは原料である「カスケード」ってホップが、そうさせているんだろう。

豊かな香りに加えて軽やかな柑橘系のテイストまで。これはかなり期待できそう。

ってことでそのまま飲んでみると…

ぬま

コレきてんな……めっちゃ旨いわ……

これが大手ビールメーカーが造る味か…。ここまで来てしまったか。

スポンサーリンク

一言でいうなら「凄い!」。

まろやかな口当たり。フワッと香る軽やかな柑橘。

更には、濃厚でどっしりと重厚感ある味わい。

最後にはホップの苦みが出現。ただ、それも柑橘の香りとともにスーッと消えていく。

あぁ…これは旨いわ。めっちゃ旨い。

「余韻」を楽しみたくなる一杯。あまり冷やし過ぎず、10℃~13℃くらいで召し上がっていただきたい。