今回は『ピッツァポート -スワミズIPA-』をご紹介。

アメリカは南カルフォルニアにある「ピッツァポート」ブルワリー。

そこの看板ビールが今回のスワミズIPA。

「スワミー」はヒンズー教で、「中心」「心臓」って意味があるんだとか。

ピッツァポートにとってカギを握る存在なんだろうか。

アメリカのIPAっていうだけでヨダレが止まらんよな。ドキがムネムネよ。

アルコール度数は6.8%。

473mlでお値段680円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

おぉ・・意外にも淡い。淡いビジュアルのIPAだな。

ただ濁りはある。向こう側がほんのりボヤけるほどの濁り。

泡は目が粗いんだけどモッチリしてて持続はあり。

3分くらいは層を保っている。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ・・軽やか・・・軽快だな

パッションフルーツ、シトラスのような香りか。

グラスを少し近づけただけで感じる強烈なフルーティ香。こりゃIPAファン歓喜だな。

強烈にバシッ!!って感じではない。

まさに天へと駆けていくような軽やかさを感じる。

こりゃ期待できそうだな。そのままグラスを傾けていく。

スポンサーリンク

ぬま

旨い・・・目が覚めるような旨さだ・・・

まろやかな口当たりから天へとフッと突き抜けていくフルーティな香り。

シトラス、パッションフルーツの香りが口内を包み込んでくれる。

この香り、そして後から訪れる苦みに思わずハッと目を覚ます。

けど、それだけじゃない。

後からほんのりと感じるのは甘み。まるでビスケットのような、微量ながら、でも確かに感じる甘み。

これだけホップで攻めて来たにも関わらず、最後は優しさで終わるんですか。なんとツンデレなんだ。

こりゃ素晴らしい。IPAらしいホップの香り・苦みだけでなく、ビスケットの甘みが奥ゆかしさを与えてくれる。