今回は『京の秋 -贅沢づくり-』をご紹介。

サントリーから発売された秋ビール。

なんとお値段、税込で103円!

ぬま

今までで1番安いな…

値段とは裏腹に高級感あふれるパッケージ。

素材は、二条大麦麦芽のなかから厳選した「旨味麦芽」を1,3倍も使用。

ホップも配合を工夫し、ホップのコクと旨みを引き出す「味わいホップ製法」なるものを採用してるんだとか。

ぬま

ほうほう。103円って低価格でどこまで秋ビールらしさが出てるか見ものやな

アルコール度数6%

350mlでお値段103円(税込み)。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

秋らしい琥珀色……というより、オレンジがかった色合い。

濁りはほとんど無く、グラスの向こう側はハッキリと見える。

泡は目がメッチャ粗い。シュワシュワモコモコと泡が立つんだけど1分ほどで消えていく。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ?なんかフルーティーな香りがするぞ?

秋ビールらしからぬフルーティーな香り。

麦芽を炒ったような焦がしキャラメル?の香りを想像してただけにビックリ。

※ギャラクシーホップっていうフルーティーな香りが特徴のホップを使っているとのこと

少し驚きつつも飲んでみると…

ぬま

やっぱりフルーティーだ!こんな秋ビール初めて!

まさに新感覚。

秋ビールと言えば濃厚なコクと苦みを含んだ甘みが普通。

なのに『京の秋』に関しては香り・味ともにフルーティー。

華やかな香りのなかに、麦芽の甘みをほんのりと感じる不思議な造り。

ぬま

ラベルと味のギャップが凄いこと

でも値段の割に味・香りともいしっかりとしてる。

良い意味で裏切られる一杯。