今回は『軽井沢エール-エクセラン-』をご紹介。

長野県で製造・販売を行う軽井沢ブルワリー。

そこから2017年10月3日に出荷を開始した商品が『軽井沢エール-エクセラン-』。

「エールビールの傑作」と自分で書いちゃうほどの自信。

ただ、軽井沢ビールは現地を流れる名水のお陰でメッチャ良質な商品が多いブルワリー。

その軽井沢ビールが傑作と言う程だから、相当美味しいんだろう。

アルコール度数は5.5%。

お値段は286円(税込み)と文言の割にお手軽。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

缶の色合いと似た綺麗な黄金色。濁りはなくクリア。

泡は粗めで、泡立ちは良好なんだけど消えるのは早く、1分ほどで無くなる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!甘フルーティーな香りやん!

エールビールの傑作というだけあって、フルーティーな香りが凄く上品に香ってくる。

しかも麦芽の甘みなのか、フルーティーさに甘い香りが乗っかってくるのがGOOD!

華やか、というよりは上品な甘さが香る…って感じ。

そして何といっても軽井沢ビール魅力は現地の冷涼名水を使用してるってところ。

この水が良質なお陰でメッチャクリアな味わいになってるわけよ。

今回の「軽井沢ビール-エクセラン-」はどんな感じになってるのか。

ってことで飲んでみる。

ぬま

なんだこの味わい……。一言でいうと「奥深くてフルーティーな味わい」って感じだぞ…

俺の語彙力が無くて申し訳ない。

でも本当に「奥深くてフルーティー」だと感じたのだ。

最初の飲み口はアッサリで、「んん?あんまエールビールって感じしないな?」なんて思ってた。

けど、マンゴー?パッションフルーツ?のような味わいが尻上がりに口のなかで広がっていく。

ぬま

後半のフルーティーさがハンパない!

最後にはホップの苦みがジワ~っと余韻として残る感じもGOOD!

だから「奥深くてフルーティー」と感じたのだ。

ぬま

相変わらず良質な水のお陰で最後まで飽きずに飲める造りなのも素晴らしいぜ!

さすが軽井沢ビールが造るエールビールの傑作。

値段も286円(税込み)とかなりの良コスパ。是非とも体感してほしい。