僕は中毒者です。IPAという麻薬の。

ということで今回は『J-CRAFT -黄金IPA-』をご紹介。

最近割とコンスタントに紹介している「J-CRAFT」シリーズ。

そのなかでも待ち焦がれたIPAを飲んでいくのだ。

「個性豊かなクラフトビールを出来立てそのままに皆様へお届けしたい」って思いから、厳選された6ブルワリーと三菱食品が共同開発したオリジナルのクラフトビール。

そのなかでも、和製版ホップの魔術師こと「ベアードブルーイング」が造る悪魔のようなIPA。

アメリカンホップ5種類の織りなす演出。果たしてどんなものか。

アルコール度数は7%。

330mlでお値段498円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

少し濁りのある黄金色。いや、若干オレンジ色が入っているか。

スポンサーリンク

泡は濃密で目が大きい。これぞIPAの泡。この色と泡がIPAファンの俺を更なる興奮へと導いてくれる。

ここまでは完璧だ。

よし。IPAと言えば香り。遂にこのフェーズへと突入していく。

ぬま

むむ!?シトラスのような香りはあるけど、そこまでだな…

IPA特有の派手な香りはそこまでせず。

シトラスの華やかさはあるんだけど、そこまでバンバンビシバシ訴えてくることもなく。

濃密な泡が香りに蓋をしているのか。定かではないが、とにかく言えるのは、IPAにしては穏やかな香り。

ただ、造っているのはホップの魔術師(勝手にそう呼んでる)ベアードブルーイング。

味わいで凄まじいサプライズを起こしてくれるに違いない。

そう胸に抱きながら飲んでいくと

ぬま

カァーー!キタキタキタキタアァァァァァ

サプライズさんこんにちは。あなたを心よりお待ち申しておりました。

口に含めると、シトラスのような弾ける味わいがパァーーン!と広がっていく。

香りではちょいとばかし物足りなかっただけに、この強烈さは本当に嬉しい。

歓喜している間も、ホップの苦みが余韻としてジーン…と残っていく。まるで潮が引いていくようにじっくりと。

弾ける刺激に、潮引く余韻。このコントラストが素晴らしくて、また1口。また1口とグラスが運ばれていく。

ありがとう。飲み終わることにはホップの苦みで口いっぱいだよ。

これぞ正にIPA。魔術師の技に酔いしれた一杯だった。