今回は『冬物語 -サッポロビール-』をご紹介。

サッポロビールから冬限定ビールが10月30日より販売開始。

調べてみてわかったんだけど、実はこのビール今年で30周年を迎えるんだとか。

ぬま

僕よりも先輩なんですね(汗)

こんな感じで、1988年から毎年期間限定で販売されててデザインも年々変わってる。

『冬物語』の特徴でもある

◆まろやかな味わいを実現する「冬のまろやか仕込み」って製法
◆芳ばしい薫りが特徴の麦芽「ウィンターモルト」

に加え、今年は麦芽を増やしてまるやかなコクをパワーアップさせたらしい。

アルコール度数6%。

350mlでお値段224円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

濃い~~見た目の黄金色。

ちょいオレンジ色も入ってるかな?といった印象。真っ白なラベルとは対照的。

泡は目が細やかで濃密。

しっかりとグラスに残るし、持続も数分間がバッチリ!

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ…モルトの濃厚なコク&香ばしい薫りが漂うぞ

グラスを近づけると、麦芽の濃厚な香りが。

ウィーンモルト(焙煎した麦芽)の影響か、ほんのりと苦みを含んだ豊かな香りがフワッと漂ってくる。

真っ白なデザインからは想像できないコクのあるファーストコンタクト。

そのまま飲んでみると…

ぬま

味がしっかりあるな!そして香ばしい香りも変わらず!

ゴクっと1口飲んだ瞬間「味が濃いな!」と思わずビックリ。

さらには鼻を抜けていく芳ばしい薫りも相まって、思わず目を閉じて余韻を楽しみたくなるほど。

飲み口はまろやかだし、コクもしっかりと感じられる。

ぬま

苦みが控えめなのも飲みやすさの要因だな

コクはしっかりあるけど苦さ控えめ。ビール初心者での手を伸ばしやすい一杯。

さすが30年の歴史があるだけのことはある。