今回は『ホフブロイ -ドゥンケル-』をご紹介。

1589年にドイツで創業された醸造所「ホフブロイハウス」。

ホフブロイっていえば、あのドイツビールの祭典オクトーバーフェストでも絶対絶対絶対に欠かせないメジャー級のブランド。

そんな超絶メジャーな所が造るデュンケルスタイルを飲んでいくぜ!

しかも、1589年の創設と同時に、今回のようなビールの原型ともなるダークビールを造り始めてたんだとか。

ぬま

黒い系ビールのGODみたいな存在やな

アルコール度数は5,5%。

330mlでお値段540円(税込)。

ってことでグラスへ注いでくいく。

ダークブラウンで、いかにもデュンケル!って感じのビジュアル。

濁りは一切ないんだけど、キレのありそうな鋭い色合い。

泡は目が細やか&濃厚で、グラスに注ぐとモコモコと盛り上がっていった。

持続は3分ほどと悪くない。

そんでもって香りを確認。

ぬま

焙煎された麦芽の香りがほんのりと広がる……

刺激はそこまで強くないんだけど、苦みを含んだ麦芽の薫りが優しくじんわりと漂ってくる。

更にはコーヒーみたいな渋い感じもあり。

香りに関しては見た目通りの渋さ。

苦みあり、渋さもあり。かなりいぶし銀な印象。

そのまま飲んでみると…

ぬま

んん!意外にもアッサリしてて飲みやすいぞ!!

飲み口は意外と軽やか。そして思った以上にアッサリとした味わい。

サラサラとしてて飲みやすいし、嫌味のないテイストだから一気に飲み干せる。

ぬま

流石オクトーバーフェストの定番だな。皆から愛される造りになってるわ

黒ビールが初めての人でも楽しめちゃうアッサリとした造り。

甘みを含んだ苦み。そして渋い薫り。それが嫌味なく体に入ってくるから飲みやすい。

店頭価格でも500円。安くはないけどクオリティ的には十分すぎるほど。

出来るなら大きめのジョッキで飲むことをお勧めする。