今回は『サッポロ 富良野の薫り -ゆるやかエール-』をご紹介。 

イオンとサッポロの共同企画で造られた9月25日に発売された商品。

富良野は北海道のちょうど真ん中あたりに位置する場所で、ラベンダーとか花畑が有名。

その広大な土地で風に揺られながら飲む……。そんなイメージで造られたんだとか。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段203円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

少し淡いかな?って感じの黄金色。

グラスの向こう側はハッキリと見えるほどクリアで、まさに北海道の広大な大地のよう←顔に似合わないこと言ってみる

泡は目が粗くて1~2分ほどで消えてしまう。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!まさに「ゆるやかエール」って感じだわ

エールビールにしては控えめで優しく香るフルーティーな香り。

ただ、果実を思わせる爽やかな香りはちゃんとに漂ってきて、スーッと吹き抜けていくホップの感じも、まさに北海道の広大な大地のよう←2回目

ほほう。控えめだけど吹き抜けていく感じも悪くないな…。

そんな「ほほう」顔のまま飲んでみると…

ぬま

爽やかさも漂いつつ、しっかりとした甘みも!こりゃ凄いぞ!

想像以上の美味しさ。

エールビールらしい、爽やかで鼻をフッと吹き抜けていくような感覚。

更には、じっくり抽出された麦芽の甘み。しっかりとした甘みも感じられる。

口に含めると、スーッと広がり、余韻として残る香り。

そして、後からじんわりと浸透する甘み。

この2つが互いを邪魔せずに楽しめる造りにビックリ。

そして「ゆるやかエール」ってネーミングセンスを褒めたい。味わいとピッタリ。

イオングループ限定ってことで、見かけた際には是非とも飲んでほしい一杯。