今回は『フラーズ・ロンドンプライド』をご紹介。

家族経営ながら100年以上の歴史ある「フラーズ」から販売されている一杯。

今までも…

フラーズ -インディアペールエール-

フラーズESB

を紹介してきたけど、いずれも流石…と言いたくなる味わい。

そのなかでも今回の『ロンドンプライド』はイギリスで最も人気のあるプレミアムビールの1つ。

使用するホップは3種類。

「ターゲット」…滑らかな口当たりとアロマ付のためによく加えられる
「チャレンジャー」…適度なアロマと苦み。スパイシーな香り。
「ノースダウン」…調べても出てこず

どれも初めて見る原材料ばかり。

ぬま

ほほう…。尚のこと味の予想ができんな

アルコール度数は4,7%。

330mlでお値段365円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

秋ビールのような綺麗な琥珀色。

濁りも無くクリア。琥珀色で濃い目なのにグラスの向こう側はハッキリと見えるほど。

泡は目が少し粗め。2~3分ほどで消えていくため、持続はまぁまぁ…って感じ。

そのまま香りを確認。

ぬま

ほんのりグレープフルーツの香りがするかな?

グラスに鼻を近づけると、ほんのりとグレープフルーツの香りが漂ってくる。

ただ、そこまで柑橘系特有の鋭さは無く、優しくほんのり……と薫る程度。

現地イギリスのエールビールでNo1,2を争うほどの商品なだけあって、そこまで尖った感じはせず。万人受けしそうな香り。

そのまま飲んでみると…

ぬま

フワッと広がる華やかな香り……。そして麦芽の甘みが染み渡る……

こりゃー旨いでごわす。

口に含めた途端に広がるグレープフルーツの優しい香り。

その後もふんわりと残り香が漂っていて、思わず目を閉じながら余韻を楽しみたくなる。

そうやって目を閉じていると、麦芽のしっかりとした甘みが染み渡っていく感覚が…。

ぬま

香りだけでも十分楽しめちゃうのに…。甘みも堪能できるなんて…

これは現地で親しまれる訳ですわ。

優しく香るグレープフルーツ。そして染み渡る甘み。

クラフトビール初心者の人でも入門編としてオススメ出来そうな、飲みやすい味わい。

ゴクゴク飲むだけがビールじゃない。

エールビールのデビューに是非いかが?