今回は『ユーロホップ』をご紹介。

ユーロホップは「第4のビール」とも呼ばれるベルギー産のビール。

第4のビールっていうのは、麦芽使用率を50%近くまで高めつつも、麦を原料とするリキュール(蒸留酒)を加えたもの。

※酒税上は第4のビールも第3のビールに分類されるけど、製法の違いから呼称が異なっている。

調べても情報があまり出てこないんだけど、ベルギー産の原料を使い、現地の製法になるべく近づけて造られているんだとか。

アルコール度数は5%。

330mlでお値段106円(税込)。

安いながらも、本場の味を可能な限り再現していったという一杯。楽しみでごわす。

ってことでグラスへ注いでいく。

普通のラガービールより黄土色?っぽい暗い見た目。

ただ濁りはなく、グラスの向こう側はハッキリと見える。

泡は目が粗いものの濃密。グラスにしっかりとへばりついてて106円とは思えないクオリティ。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!?ヴァイツェンみたいな香りだぞ!

バナナのような甘い香りがほんのりと漂ってくる。まるでヴァイツェンのよう。

さすがに本物のソレとは比べ物にならないけど、値段を考えると香りの完成度としては申し分なし。

心地よいフルーツの香り。これは味にも期待が出来る。

ってことで飲んでみると…

ぬま

うーーん……。ちょいと味が薄いかな……

口に広がる麦芽の甘み、ホップの香り、苦み。

そのどれもが普通のビールよりも薄まった感じ。

香りは本当に素晴らしかっただけに、この味は少し残念。

ただ、同価格帯である第3のビールと比べると、遥かにビールらしい自然な味わい。

麦芽・ホップ・水をそれぞれ舌で感じ、味わえるのは素晴らしい。

ぬま

ビールらしい雰囲気を安価で楽しみたいならユーロホップ

ぬま

いやいや味は濃くなきゃ!って言うなら第3のビールだな