今回は『ブリューベース クレイジー・ヘイジー・ベイビー』をご紹介。

ブリューベースは…

◆常陸野ネストビールでお馴染みの「木内酒造」
◆ライフスタイル情報誌「デイトナ」
◆クラフトビール情報マガジン「トランスポーター」

の共同出資したブルワリー。

時代を先取りするかのような鮮やかなデザイン。シンプルながら洗礼されたラベルにパフォーマンスの高さを予感させる。

それ以外にも色々調べてみるんだけど、あまり情報としては載っておらず。

ただ、常陸野ネストビールを造る木内酒造が絡んでるってことで、かなりの期待が高まる。

アルコール度数は6%

350mlでお値段550円(税込)。

では、早速ながらグラスへ注いでいく。

すげぇ…IPAでこんなにも白くて濁ったビールを初めて見た。

ビジュアルは完全にホワイトビール系。いや、ヴァイツェンだろうか。

白くてグラスの向こう側が全く見えないほどの濁り。ここからどんな味わいが楽しめるのか…全く予想がつかず。

泡は目がメッチャ細やかでクリーミー。まるで生クリームのよう。

改めて見ても凄い。見た目はIPA感が全くない。

驚きを隠せないまま香りを確認してみると…

ぬま

なんだかジューシーな香りがするな…苦みはほとんど感じないぞ…

IPA=苦みって数式だっただけに意表を突かれるファーストコンタクト。

実際にやってきたのは、優しく、そしてどこか果実感が溢れるジューシーな香り。

調べてみると「ニューイングランドIPA」っていう、普通のソレよりまろやかな造りになったスタイルなんだとか。

ぬま

同じIPAでも全然違うんだな

ビール、そしてIPAの奥深さを再認識しつつ飲んでみると

ぬま

まろやかぁ~~。

口に含めるとあらビックリ。何とも言えぬまろやかな飲み口。メッチャまろやか。

そして黄桃のような…マンゴーのような……。どこか果実感を感じる甘みが、ほんわりと口のなかで広がっていく。

IPA?苦み??そんなもんクソ喰らえと言いたのかな?って思うほど、苦みとか柑橘とかの要素を感じず。

そこにあるのは、まろやかな飲み口と果実の甘みと、新たなるIPAの扉だけ。

さすが常陸野ネストビール。やることが違う。そしてお洒落。

ブリューベースは他にも商品があるっぽいから、見かけた際は絶対にGETする。