前回に引き続きサントリーから新発売となった「新定義のビール」をご紹介。

その名も『海の向こうのビアレシピ-芳醇カシスのまろやかビール-』

4月10日から数量限定発売となった海の向こうのビアレシピ。

ビールの定義が改正されたことで今回のメイン原料となるカシスを使っても発泡酒じゃなく「ビール」として販売できるようになったわけよ。

「オレンジピールのさわやかビール」はカルフォルニアを参考に造ったらしいんだけど、今回の芳醇カシスはベルギーで親しまれてるフルーツビールをヒントにしたんだとか。

ベルギーのフルーツビールっていうとリンデマンスとかリーフマンetc.って感じで有名どころがいっぱい。

そんなビールを参考にしたんだから……絶対に旨いやろ。

アルコール度数は5%。お値段は213円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

カシスを使ってるだけあって綺麗で透き通ったルビー色。

泡の目は粗くてシュワシュワと音が立つんだけど、あっという間に消えてく。

見た目はビール感ゼロ。

そんでもって香りを確認。

ぬま

熟成感あるカシスが優し~く香る……

熟成されたカシスの香りがふんわり優しく鼻を刺激する。

主張はそこまで強くないからこそ、目をつぶって時間の流れをゆったり感じられる。

ゆったりした心持ちで飲んでみると…

ぬま

うんおぉ!ワインみたいな口当たり!

熟成されたカシスの味がとにかくまろやか。

香りも優しくて、例えるなら赤ワイン。

苦みは全く感じないし炭酸もほとんど無い。

あるのはカシスの酸味とまろやかな味わい。

ぬま

まさしくワインって感じだぞコレ(2回目)

牛肉とかルバンに合わせるとより旨いと思うぞ!

一風変わった&なかなかな味わいのビールが213円(税込み)。

ビールの新しい形を是非とも皆も楽しんでみてくれ!