日本人はビールに色々と求めすぎではないか?

やれアルコール度数だの糖質ゼロだの低価格で本格的な味わいだの。

少し贅沢やすぎないか?と思う僕でございます。

ってことで今回紹介するのは『アサヒ -極上-』。

2019年1月29日に新発売となった新ジャンル。

今回はなんと「アサヒビール史上最高レベルのキレ」を楽しむことができるのよ。

ぬま

あのスーパードライ擁するアサヒでNo,1だってぇ~~~!ドッヒャー

今回は「キレ・刺激」を求める我儘な日本人ユーザーへ向けた商品なんだとか。

「高発酵技術」と「冷涼ホップ」によって高次元のキレが実現。

果たして実力はどの程度なのか。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段116円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

色は思った以上に淡くて、例えるなら東南アジア系のライトラガーのよう。

ビジュアルからドリンカビリティの高さが伺えるんだけど、謳い文句である「キレ」が備わっているようには正直見えない。

泡は目が粗めでシュワシュワと音を立てながら消えていく。まるでサイダーのよう。

そのまま香りを確認していく。

ぬま

おぉ!?軽快かつフレッシュな香りがあるぞ!

香りに関しても前述のライトラガーのよう。

レモン汁を絞ったようなフレッシュで軽やか&爽やかなテイスト。ふわっと漂ってくる感じが心地よい。

この心地よさがサラサラゴクゴクと飲み進めさせてくれそう。

新ジャンルとは思えないほどの心地よい香り。

これを引っ提げてそのまま飲んでいく。

ぬま

スッキリしてて飲みやすい……んん?…なんだこのキレは!!

口に含めると驚くほどにサラサラと入っていく軽やかな飲み口。

雑味もなく嫌な味もしないからスルッと入っていく。

スポンサーリンク

この感じ、まさに再三でているライトラガーのそれとほぼ一緒。

ほぼ一緒なんだけど、最後の最後で大きな差別化を図ってきた。

宣伝文句で使われてきた「アサヒビール史上最高レベルのキレ」。

この「キレ」なるものが牙をむいてきたのだ。

サラッと心地よく過ぎ去ったと思ったもの束の間、研ぎ澄まされた苦みがシュバッ!!っと居合してきたのだ。

まさに刹那。あまりに突然の刺激にただただ目を丸くすることしか出来ず。

また1口飲んでみるも、その構図は変わらず。

心地よい飲み口で気を緩めた途端に訪れる達人の太刀筋。

この切れ味はアサヒにしか出せないだろう。いや、スーパードライの生みの親であるアサヒでしか出さないでほしい。

116円とお安いながら、何気に楽しみどころが多い一杯。