2019年始まったばっかなのに、もう1月が終わろうとしてる。

こちとら未だ「平成30年」って書き間違えるのによ。

ってことで今回は『トンゲルロー・クリスマス』をご紹介。

ベルギーの「ハーヒト醸造所」で造られる、クリスマスシーズン限定の一杯。

トンゲルロー・プリオル

トンゲルロー・ブラウン

※当ブログでも同シリーズは紹介してきたから見てちょ。

家族経営ながら、その歴史は16世紀まで遡るブルワリー。

スタイルは「ベルジャン・エール」ってやつ。

調べてみると、サッパリ軽やかな後味らしく、スッキリした飲み口なんだとか。

ぬま

今までのトンゲルローでは考えられんな

トンゲルロー=修道院ビールっぽい味って構図だった俺にとっては、味が全く想像できない……。

アルコール度数は7%。

330mlでお値段399円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

琥珀色の綺麗に透き通ったビール。

トンゲルローシリーズだから、もう少しブラウンぽいかな?なんて思ってたけど、シリーズにしては淡い色合い。

スポンサーリンク

ただ、泡は濃密。目が粗いんだけど濃度が凄そうで持続もバッチリ。

まるで良質なIPAのような泡。

そんでもって香りを確認。

ぬま

むむっ!フルーティーな香りだぞ…

りんごのような…洋梨のような…。とにかくフルーツの香りがフワッと鼻をかすめていく。

この香りを誰が予想できただろうか。

紅茶のような香ばしさもあるんだけど、やはり目立つのはフルーティーで軽やかな香り。

琥珀色のビールからフルーティーな香り。これは初体験。

以前なんかのビールを紹介した時も何かしらの童貞を奪われてしまったが、今回は「琥珀色のビールからフルーティーな香りを堪能する童貞」からの卒業だ。

これは味が全く予想できん。真実を確かめるべく、卒業したての姿でありのままをぶつけていく。

ぬま

ぬおぉ!?なんだこりゃ?

新たなビールと出会ってしまった。何から説明したら良いのだろう。

まず口に含めると感じるのが、ハーブのような味わい。そしてスパイス。

ビールと認識するまでに時間を要するこの味わいは、まさに俺を新たな卒業へと導いた。

「ハーブ&スパイス童貞」の筆下し。

軽やかでサラッとした舌触りだが、不思議なことに、この舌触りが新たな出会いをよりフランクなものにさせてくれる。

甘みはほとんどセーブされており、広がるのはハーブ&スパイス。そして若干の苦みだけだ。

何とも筆舌に尽くしがたい味わいのビール。

名前からすると、冬限定っぽいので発見次第、新たな卒業を済ませてほしい。