今回は『ラグニタスIPA』をご紹介。

アメリカのカルフォルニア州で造られる、伝説的なIPA。

IPAの宝庫であるUSAでも、トップクラスの販売量を誇る、超カリスマ的存在。

ラグニタス・ブルワリーで100回目の醸造を祝うビールとして造られたのがキッカケらしいんだけど、それが今では会社の看板商品に。

ホップの使い方が派手なアメリカ。更にはIPAってことで凄まじいほどヤンチャで暴力的で、アグレッシブな味わいを期待している自分がいる。

アルコール度数は6.2%。

355mlでお値段539円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

濃いオレンジ色のビジュアル。まさしくIPA!!って感じでそそられるったらありゃしない。

かなり目の粗い泡で、これも、まさしくIPA!!!って感じで以下同文。

ここまでは良質なIPAを完全たるまでに演出してくれている。素晴らしい。

そして、いよいよ香りフェーズに突入。

いざグラスに鼻を近づけてみると…

ぬま

グレープフルーツの心地よい刺激が……たまらん……

これです。コレなのです。IPAと言えばKORE。

グレープフルーツの爽やかな柑橘系の香り。これが鼻を刺激してくる。

かなり強めのIPAだとバシバシ&スコーーン!と脳天を突き刺すような感じなんだけど、『ラグニタスIPA』に関しては、心地よく刺激する程度。

IPAのなかでは優しい。石鹸で言えば弱酸性。

スポンサーリンク

激しい系IPAも大好きなんだけど、柔らかなホッピー感も大好きなワイ。

※これが俗に言うホップ中毒というヤツです。皆さんも注意しましょう。

ただ、飲み進めていく毎にその刺激は強さを増していく。

最後の方にはホップに苦みがズシズシと口のなかを刺激して、何とも重量感ある余韻が。

次第に変化するホップの顔も、このビールの魅力の1つ。

ホップ中毒への第1歩として、是非飲んでみてほしい。