今回は『ザ・プレミアムモルツ〈黒〉』をご紹介。

10月2日から全国で数量限定販売された一杯。

大手メーカーのなかで絶対的な信頼を置いているプレモルから、今年も黒ビールが販売されたってことでテンションMAXでございます。

このビールは、チェコのビール品評会「スペシャルダークビア部門」で1位に輝いた実績も持っている、国内の大手メーカーが造るビールとしては凄い受賞歴を持つ一杯。

去年も一昨年も、このプレモル黒を飲んで…

ぬま

旨ぁ!!なんでコレ通年販売しないの?

って思ってた俺。去年の冬頃から待ちわびて待ちわびて……ようやくの登場。期待が高まるでござる。

※今年は赤い線がオレンジに変更。より漆黒感が増した感じになっている。

アルコール度数は5,5%。

350mlで223円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見るからに濃厚そうな色合い。

泡は目が細やか&濃密で、3分くらいはしっかりと持続している。

そのまま香りを確認。

ぬま

うーん…あんまり漂ってこないな

炒った麦芽の芳ばしい香りがするかな?
焦がしキャラメルっぽい香りかな?

なんて予想を覆し、香り自体はかなり落ち着いている。

ほんのりと麦芽を焦がしたようなものが鼻に届く程度。

飲んでみると…

ぬま

あぁ…濃厚……そしていぶし銀な苦みが口のなかで広がるぜ…

さすがはプレモル。やはりメッチャ美味しかった。

口に含めた途端、一気に広がる焦がした麦芽の苦み。

この苦みが何とも渋い感じで、もはや男らしさを感じるほど。

しかも何といっても味が濃厚!

少量でも、原材料のしっかりとした旨みを感じられる。

ぬま

濃厚だからチビチビ飲んでも楽しめそうだな

ゆっくりと時の流れを感じながら1口づつ飲み進めていく。そんな楽しみ方も出来そう。

プレモルさんは流石の安定力。今年の黒ビールも期待を裏切らない一杯だった。