今回は『コシヒカリライスエール』をご紹介。

我が故郷、千葉県の「寒菊銘醸」が造るビール。

あの「九十九里オーシャンビール」も作ってる会社から、地元千葉県産のコシヒカリを副原料にしたエールタイプの一杯。

(リンク)九十九里オーシャンビール -ヴァイツェン-

(リンク)九十九里オーシャンビール -ピルスナー-

(リンク)九十九里オーシャンビール -IPA-

ぬま

地元のビールってことでメッチャ期待感UPやな

アルコール度数を4,5%と敢えて低く設定。

更には米を使うことで、麦芽の風味の残しつつスッキリ飲みやすい造りになってるらしい。

330mlで399円(税込)。

アルコール度数は前述の通り4,5%。

ってことで早速グラスへ注いでいく。

少しブラウンの入った色合い。

途中まではビールらしい黄金色だったんだけど、底にたまった酵母らしきものが注がれると、ブラウンの色合いがより強く。

濁りもあってグラスの向こう側は見えないほど。

泡はあまり立たず。しっかりと高いところから落とすも1分ほどで消える。

そのまま香りを確認。

ぬま

おぉー…。麦芽の甘い香りがする……

エールらしからぬ甘い麦芽の香り。

さらには奥から苦みの効いたホップの香りも。

ほのかに、そして優しく鼻を刺激する感じがGOOD!

優しい香りに包まれながら飲んでみると…

ぬま

軽やかで飲みやすい!でも爽快なホップも麦芽の甘みも感じられる!

お米が原料だからか、優しい口当たり&軽やかな飲み口。

サラサラと飲み進められるドリンカビリティの高さ。

けど、ホップの爽快な苦みも広がるし、麦芽の甘みも舌でハッキリ味わえる。

ぬま

とりあえずメチャクチャ飲みやすい

スッキリ飲み口&爽快感ある味わい。330mlがあっという間に無くなるほど。

蒸し暑い時期にピッタリな一杯。